市民と行政職員の有志が、気軽にまちについて夢を語り合う場づくりを目指す、「まちづくりカフェ」をメサ・グランデにて定期的に開催しています。

今回は、社会福祉法人青丘社事務局長の三浦さんを講師にお呼びして、「外国人高齢者福祉の現場から」をテーマに、料理とお酒を交えながら楽しく語らいます。

●講師と内容
【講師】 三浦知人 社会福祉法人青丘社事務局長
【テーマ】「外国人高齢者福祉の現場から」~市民活動の可能性と限界、行政の役割とは~

-川崎市の南部地域を中心に、保育園、こども文化センター、ふれあい館、わくわくプラザなどの運営から、学習サポート事業、高齢者デイサービスまで、幅広く事業を展開する社会福祉法人青丘社。現在、その事務局長で、在日コリアンの福祉や民族差別の問題に、長年にわたって取り組んでこられた三浦知人さんをお招きし、現場から見えてきた課題、これからの地域のあり方について、お話をお聞きします。
参考:http://www.seikyu-sha.com/

※講師のお話の後、食事を取りながら、全員で意見交換を行います。...

●参加費 2000円(ワンドリンクに食事つき)

-メニュー(予定)…ガスパッチョ(またはヴィシソワーズ)、サラダ(チキンか生ハムをトッピング)、夏野菜の揚げ浸し、ピザ(野菜の入荷状況により、変更の可能性もあります)

プラス1000円(計3000円)で飲み放題(9時まで)
もちろん追加1杯だけ、500円or600円とかあります。

●定員 20名程度

●申し込みは、ぐらす・かわさきまで(E-mail:info@grassk.org)

【これまでの開催内容】
第1回 「住民組織とNPOとの協働事例」 講師:内海宏(アクションポート横浜 代表)
第2回 「町内会の新しい活動事例」 講師:木村純一(川崎市まちづくり局部長)
第3回 「川崎市の地域・市民ファンド」
講師:広岡希美(市民、NPO法人ぐらす・かわさき事務局次長)
鴻巣玲子(川崎市総合企画局担当係長)、平井孝(川崎市市民・こども局担当係長)
第4回 「今後のまちづくりカフェ」(意見交換会)
第5回 「みたまちもりカフェ」の事例報告 講師:塩沢和美(市民グループ「きずな」代表)
第6回 「中野島小学校の学校施設有効活用モデル事業 」
 講師:大下勝巳(NPO法人川崎創造プロジェクト理事長)
第7回 「市民社会のこれまでとこれから、そして川崎のこれから」
  講師:久住剛(川崎市総務局担当部長、公益財団法人パブリックリソース財団理事長)
第8回 「市民活動、これまでとこれから」  講師:三田村有美(市民・こども局担当係長)
第9回 「中野区の職員の学習会の事例『NAS』」  講師:永見英光(中野区役所職員)
第10回 「スポーツで地域づくり」 講師:菊地正(高津総合型スポーツクラブSELF事務局長)