都市の中の農のある暮らしを残したい、活かしたい

川崎は古くは江戸の台所として、多くの田畑がありました。そして現在も市街化調整区域など、農地が比較的多く残されたスポットがあるのです。高津区たちばな地区にはキャベツ、トマト、白菜など品質の高い農産物がたくさん栽培されています。

その農的資源を活用した地域ブランドづくりに取り組んでいます。地産地消や野菜を食べることの大切さが広まってくる中で、もっと身近に地元の農産物が買える場所や仕組み、さらにもっと気軽に「農」を体験できる仕組みを目指しています。
野菜を使ったお菓子などの商品開発、直売所をもっと知ってもらうためのマップづくり、農家さんと一緒に農作業ができる「援農」などを行っています。これも一つのコミュニティビジネスのモデルになるよう、がんばっています。

援農サポーター



トマトゼリー

さんの市